コラーゲン

MENU
サイトコンテンツ

コラーゲンを含む食品

コラーゲンは美容目的で非常に高い注目を浴びています。
サプリメントやスキンケア化粧品はこぞってコラーゲンを重点的に配合しています。

しかし、特別な商品を買わなくても、コラーゲンは日常の食事でも摂取できるものです。コラーゲンを多く含んだ食品をいくつか紹介します。

コラーゲンはタンパク質の一種で、体内に吸収される際はアミノ酸になります。ですので、まずタンパク質やアミノ酸が多く含まれているものを思い浮かべるとよいでしょう。

良い例は鶏肉です。皮、手羽先、軟骨など、柔らかくて柔軟性のある部分や、ゼラチン質の部分によくコラーゲンが含まれています。

高級食材のフカヒレ、あるいはスッポンなどもコラーゲンを多く含むことで有名です。海産物から摂れるコラーゲンは、通常のコラーゲンに比べて分子が短く、食べた後も消化吸収されやすいと言われています。

他にもうなぎやなまこなどといった料理にもコラーゲンは多く含まれています。また、煮魚を作ったときにできる煮こごりもコラーゲンです。

ですから、魚介類を煮込む料理はコラーゲン目的の調理には適しています。もし自分でコラーゲンを多く含んでいる食品を選んで調理するのなら、食べ合わせにも気を付けましょう。

過剰な砂糖は、コラーゲンの吸収を阻害すると言われています。反対に、ビタミンCや鉄分は吸収を助けます。ビタミンCは鉄分の吸収も助けてくれるので相乗効果を期待できます。

鉄分を多く含む食品には、レバー、あさりやシジミといった貝類、野菜ならほうれん草やパセリなどがありますので、これらと一緒にコラーゲンを摂ることができないか意識してみると良いでしょう。


コラーゲン関連情報

身近なところにもコラーゲンが・・・. コラーゲンをミクロに見ると、らせん状の細長い分子が3本集まり、よりあわさった構造になっています。コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で3本の鎖が外れて、水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べることと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味 ...
ゼラチンミュージアム | コラーゲン入門
これらの食物アレルギー症状とワクチン接種の関連は明らかではありませんが、いずれにしても、ゼラチンを含む食品の摂取によるアレルギー症例は、他の食物アレルギー症例と比較して、非常に数少なく、また重篤な症例は極めて稀であることが公的機関の調査で示されています。 ゼラチンによる食物アレルギーの症例報告が少ない要因の一つとして、ゼラチンが消化によって低アレルゲン化することが、会員会社の(株)ニッピのHPで概説されています。 ゼラチンの経口摂取とゼラチンアレルギー.
ゼラチンアレルギー概説 | 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合

Copyright (c) コラーゲンマニアOLの内緒の口コミ All Rights Reserved.